ガウディは天才か② in Barcelona(Spain)

ブーケ2サグラダ・ファミリアブーケ2

西側の門から入ります。

西側「受難のファサード」はガウディの死後に建設。

現代的な作り。

こちらも日本語オーディオガイドなし・・・
saemonのLondon日記

キリストがローマ兵に連れていかれ、磔にされた構成になっています。

saemonのLondon日記

続いて東側「生誕のファサード」

ガウディが生存中に完成した箇所。

私はこの部分、鍾乳洞みたいで気持ち悪いとしか思えない・・・

saemonのLondon日記

何が「生誕」かと言いますと、キリストの生誕の場面場面が描かれています。

これはマリアさんが家畜小屋でキリストを出産した場面。

牛だか馬だかが見守り。

聖徳太子か!?と突っ込みたくなるが、聖徳太子の方が後の産まれですね

saemonのLondon日記

鳩も祈る。

saemonのLondon日記

内部はこんなんで。

これもガウディ死後建築?

saemonのLondon日記

saemonのLondon日記

ガウディの建築物は、自然界に存在する植物を模したものだそうです。

花・木・草・動物・人を象徴的にかつ具体的に表現しています。

確かに、木が成長していく様のような柱かしら??

ガウディ本人に寄ると

「美しい形は構造的に安定している。構造は自然から学ばなければならない」
saemonのLondon日記

・・・ナウシカにこんな場面なかった?と勝手にリンク付け。

ほら、砂がサーと落ちてるところ。

それとも腐海?

ナウシカの世界も自然と人間の共生をテーマにしているから、似ていても不思議じゃないよね。
saemonのLondon日記

ちなみに、この前日に大雨が降ったので、塔に登ることができませんでした。がっくし

ブーケ2グエル公園ブーケ2

ガウディのパトロン、グエルさんの名前がついた公園。

遠くにサグラダ・ファミリアが見えます~

ほんと建設中ね。
saemonのLondon日記

ヨーロッパも、7~8月は夏休み期間なので、大賑わいです。

歩きづらい・・・

ので、日本から来られる方、夏はお勧めしません。

暑いし混んでるし。
saemonのLondon日記

公園とは言うものの、実はグエルさんが事業に失敗した跡地だそうです。

住宅地を建設したところ、買い手がつかなくてモデルハウスだけを建築して残ったそうな。

で、そのモデルハウスの1つにガウディ自身が住んでいたのだとか。

saemonのLondon日記

saemonのLondon日記

どこぞのお嬢さんか知りませんが、かなり絵になるので採用。

ピンクのタンクトップがいいねグッド!

saemonのLondon日記

何がすごいって、100年前にガウディの才能を評価した人たちがいるってこと。

そしてその才能を買って、これだけの設計を依頼した人がいる。

すごい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中