食器 ショック Stoke-on-Trent

書くことをためらっていたが、やはり書いた方がいいか。。。ね、さとちゃんショック!

陶器のメッカ、Stoke-on-Trentへ。

この地域は陶磁器工場があり、ファクトリーショップ・アウトレットが点在します。

窯元情報はコチラを

http://www.visitstoke.co.uk/

「ロンドンから日帰り可」となっていますが、はっきり言ってかなりきつい。

電車でもショップが点在しているので移動が大変。タクシーも少なさそう。

車だと片道2~3時間。途中休憩入れたら3~4時間・・・往復…??

私の行った先、個人的感想

1 Wedgewood & Royal Doulton Outlet Store

全体的にお高めだけれど、元値が高い商品が並んでいるため。

でも半額。数点は特価になっていて90%OFFもほんの少しあり。

Wedgewoodのセカンド品は、食器の裏の「Wedgewood」の文字にかすり傷を付けるそうです。

セカンド品とのことですが、じーーーと探さないと見つからないレベル。

ティーカップ・コーヒーカップをお探しの方は、必ずこちらへ。

2 Burleigh

・・・

大量な在庫。多種・多色揃ってます。

が、明らかなヒビ、色ムラ、不純物が入ったまま焼成された品・・・それなのに35%OFFにしかなってない!!

10枚見てようやくまともな1枚に出会えるレベル。。。

本当に好きな方、根気よく探して下さい

3 Wedgewood VisitorCentre & Museum

隣のvisitorcentreのショップで正規品を売っているからだと思いますが、

あまりウェッジウッドらしい品を置いていない。

①と同じ製品があるものの、種類が少ない。

ただ①より全体的に安めだな~という印象。平皿などを大量まとめ買いするならこちらがいいかも。。。

この③でロンドンでのお友達の、さとちゃん夫婦に会いました目

なぜ何百kmも離れたこの地のこの時間に遭遇するのかまったくの偶然で、

お互い アレ? と固まっておりましたドクロ

ごめん、やっぱり①の方が良かった・・・

ブーケ2 戦利品 ブーケ2

なんだかんだ文句を言いつつも買ったBurleigh

色違い・柄違いで

London日記 といいつつ違うことも

四角い平皿が欲しい・・・と思っていたので、コチラ↓ウェッジウッド・フロレンティーン

おもてなし用に4枚・6枚と購入した方が良さそうだけど、

我が家に遊びに来る人がいるのか・・・??

と現実的に考えるとそんな枚数は不要だと判断。2枚のみ。

London日記 といいつつ違うことも

前々から気になっていたこのウェッジウッド・コーヌコピア・シリーズ。

コーヒーカップはこれくらい大人っぽいのがいいな~と思っていたから、売ってて良かった~

London日記 といいつつ違うことも

そしてそして!

ずっと欲しかった、ロイヤルアルバートのティーセットラブラブラブラブ

アウトレットショップで売っていましたが、こちらは正規品

London日記 といいつつ違うことも

うちのだんなはん「口に付けるものは新品が良い」という意見があり、

私もこれには賛成旗

だからと言って、ただ飾るだけのヴィンテージ食器を買うのは性に合わないDASH!

コーヒー・ティー兼用カップだそうです。

London日記 といいつつ違うことも
そして

あまりにも衝撃的過ぎて画像は小さめに・・・

London日記 といいつつ違うことも

正規品で箱買いしたセットの1枚が無残にも・・・

箱ものを買う時は必ず中身をチェックする私ですが、

今回に限って、枚数が合っているかどうかしか見なかった結果がこちら。・・・ちーん 箱の真ん中の1枚だったから、箱詰め作業時に割れたとしか思えない!! ううう

こういう食器は、日本にいても、ここぞ!っていう機会がないと買わないから

stoke-on-trentは行って良かったな~と思います。

だんなさんありがとーもうUKにいる間は食器は買わないよ。多分。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中