リスボン堪能④国立古美術館

最終日に国立古美術館へ

日程がきついと、博物館系は後回しになりがち。

今回はリスボンだけだったので、前日にグルベンキアン美術館、最終日に国立古美術館へ。

日曜は14時まで入館無料だったからこの日にしたのだけれど、

う~~~~ん

1日費やしたビックリマーク

圧巻の収蔵作品ビックリマークポルトガルの英知を見たビックリマーク

というわけで、この回は大量の写真が入ります~

London日記 といいつつ違うことも
まず国立古美術館とはなんぞや
12世紀から19世紀までの美術品を所蔵するポルトガルを代表する博物館。
なぜ「古」なのかわかりません。
まずは1階から
家具に始まり、
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
なんて書いたけど、もう家具の時点で鼻血ブー作品ばかりでございます。
この日は大変残念なことに、1階の礼拝堂が閉まっていました。
あ~残念。。
他にも1階にはタペストリー・絵画など
London日記 といいつつ違うことも
キリストが捕まって磔にされるまでの屏風。
こういった1枚の作品に時間の流れ、場面の流れを表現するのはは日本の絵巻物に似ている。
London日記 といいつつ違うことも
他にもこのような銀製品が。
その繊細さにうっとり
London日記 といいつつ違うことも  London日記 といいつつ違うことも
2階に上がって卒倒するかと思った、こちらの屏風
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
南蛮屏風
狩野派の作品とのこと。
ポルトガルから世界の果ての日本までたどり着いたポルトガル人たちが日本を歩く、
を描いた屏風がこんなところに!あいや~
London日記 といいつつ違うことも   London日記 といいつつ違うことも
そしてこの部屋には他にも螺鈿を使った作品が!
いや~日本でもこれだけの螺鈿を施した作品はそう多く見られないデスヨ
London日記 といいつつ違うことも
さて2階は日本・インド・中国などなど、ポルトガルと交易のあった国々の作品が並びます。
あとは1階に入りきらなかったか?ポルトガルの陶器・銀製品・アクセサリーなど
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
どうやらこれはすごい品のようだ。
が、
如何せんポルトガル語も英語もままならない
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
さて
いろいろご紹介しましたが、1階に戻って、メイン作品をどどど~とアップします。
コチラ
London日記 といいつつ違うことも
ヒエロニム・ボッシュ「聖アントニオスの誘惑」
1500年頃
聖アントニオスはキリスト教の聖人のひとり。
この作品は自ら砂漠で苦行を続けるアントニオスに、さまざまな悪魔が誘惑をする、というテーマ これね~ほんと1500年に描かれたとは思えないシュールな作品なんですよ。
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも ←どうやら
この人が聖アントニオスさん
London日記 といいつつ違うことも
London日記 といいつつ違うことも
いや~この絵はすごいですね。
人間の煩悩というか、欲望を描いて、かつ悪魔の誘惑とは、
を考えだしたボッシュさんに拍手。
この美術館に来るためにリスボンに来る価値あり。
今でこそポルトガルは若干お金なさそ~、、、
な街並みがあります。
がしかし、
この美術館に来たらポルトガルがどれだけすごいか、
かつては世界を制覇しようとしたその栄華・栄光・繁栄を垣間見ることができます。
ポルトガルってすごい!とうなること間違いなし
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中