Les Miserables レ・ミゼラブル

ロンドンのレ・ミゼラブルを観てきました。
なんだかちょっと家事やる気がないな~ と思って、
昼間のうちにカレーを仕込んで外出。
ぽんには申し訳ないけど、たまには一人で夜のお出かけさせて。

ミキティが11月に来た時は、当日券は1枚もなかったのに、
この日は85£の最高値から11?£の最安値の席まで選び放題。
それでも中心席ではないし、1人だったからかもしれない。
冬だから観光客が少ないのかな~??

初めて観るミュージカルだけど、1人だし・・・20£の席からの見た目。

レ・ミゼラブル「哀れな人々」
19世紀のフランスを舞台にしたミュージカル。
ストーリーはミキティに聞いていたけれど、やっぱりわからない・・・
が、
これこそミュージカル!!と思いました。
今までロンドンで観たミュージカルは
ウィキッド・オペラ座の怪人・オズの魔法使い・マンマミーアなのですが、
レミゼはずっと歌いっぱなし!

個人的には
オズは子ども向けにセリフが多く歌が少なかったのでちょっとがっかり。
エルファバの歌で終わる第1幕のウィキッドはさすが西洋人!の声量に感動。
マンマミーアはABBAのCDを聞いている私には楽しくてしょうがなかったし、
やっぱりオペラ座の怪人は舞台装置も豪華だし、曲が断然良い。

レミゼはキャスト全体のレベルが高いな~と思いました。
特に宿屋の娘、エポニーヌ!
役柄なのか配役が良かったのか、このエポニーヌ役の人えがったよ~
と思って調べてたら、このエポニーヌ役の人、ウィキッドのエルファバ経験者!?
私の好きな声質が役柄と合致してるのね、と自己完結。

それにしても安い席を取ったから?
他の観客の態度が悪いこと悪いこと・・・
背の高い西洋人、前のめりしたら後ろの人が見えなくなるって知らないのかしら・・・?
私の後ろに座っていた中国人、なぜか私の頭をチョップ。偶然か敢えてか。
団体客らしいアメリカ人、前の座席の背に足乗っけるなーー!!

21世紀のレ・ミゼラブルなり

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中