Tallin エストニア①

イースターホリデーを利用して、エストニアの首都タリンへ。
ガトウィックからエストニア航空直行便にて3時間


ありがたいことにバルト3国のうちエストニアのみ通貨はユーロ。
ソ連から独立したのはたった20年前、激動の時代を過ごしたであろうこの国に、
気軽に観光に来ることができて感無量。

ホテル

我が家は通常expediaで予約するのですが、
エストニアは観光業に力を入れているとのこと、
☆に限らず、どのホテルも評価が高かった!
今回は旧市街地内、観光には徒歩圏内のMerchant’s house hotel
旧市街地のホテルは、商家・民家を改装したホテルで、どこも雰囲気◎

暑過ぎるくらいに温められた部屋
シャワーカーテンが丈も幅も短くて水浸しになるか!?と思いきや、
タイル下にまんべんなく張られた床暖房で15分もすれば乾くという、
効率的とも非効率的ともいえぬホテル。

旧市街地に多くある半地下のレストラン・カフェ同様、
このホテルもレストランは半地下半洞窟。
これがまた雰囲気いいんだな~(朝食はいたって普通)

レセプション横のtearoom兼ラウンジ兼暖炉の間
この薄暗さ、落ち着きます~
天井画は昔の手書きとかなんとか(説明読みそこねた)

なんと寒気がこの日程にかぶったようで、
4月上旬にして最低-3℃最高1℃という、ロンドンの真冬並みだけど
真冬は-20℃になるお国。
せっかくお手入れして片付けたUGGブーツを再度引っ張り出し、
極寒の観光へ向かいます~

タリン情報
*おすすめ時季は4月下旬~9月。博物館等でも冬は閉館
*2泊3日あれば十分、旧市街地だけなら1泊2日でもOK
私たちはのんびりコース、3泊4日でした。
*食事はイギリス以上スペイン以下。ボリューム有り
*治安良し。他の欧州国にない清潔感のある街並みです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中