Tallin⑤エストニア お買い物

タリンは麻・木製品をメインに、食品・羊毛などをお土産に上げています。
今回のお買い物~

何の変哲もない木の板とこじゃれた木製バターナイフ、テーブルに敷く布。
この木の板は値札が付いていなく、同じ形の板に€8の表示。
レジのお姉さんは板をしげしげ眺め「ん~~・・・€9ね」と言ってきたので
「同じサイズは€8って表示だったけど」と私が言うと、
「マネージャーに確認してくるわ」とレジを去る。
マネージャーは€8と断言したので、€8で買うことができました。
レジで品定めして値段決めるってどういうことだろう~?
パンやチーズを載せるのにお洒落木の板を探していたので丁度よかった~

バターナイフも€2とお安く。ハートが可愛らしくひとめぼれ~

写真の撮り方に問題があろうかと、これは靴べら。
木の柔らかさと滑らかな曲線がぽんの心を捉えたようです。
「職人の中庭」にあったお店で購入~

包み方もヒトヒネリあってヨカ

いくらだったか忘れたけど、安かった気がする、
麻素材のプレイスマット
刺繍は多分と言うか、このお値段であれば確実に機械折り

 「タリンは麻で有名なのよ~」とお裁縫教室の先生がおっしゃってましたが、
確かに麻製品を扱うお店は、ふらふら歩いているだけで簡単に見つかりました。
麻の生地を扱うお店はヤエコラ広場近くに2件発見。。
するも、気に入ったものが無く既製品ばかり購入。

いつも旅行の際はお土産は買わないのだけど、
タリンはまだ物価が安く、日常で使えそうなものが揃っていたので珍しくいろいろお買い物♪
挙句の果てには、空港でシャネルの口紅なんかも買ってしまいました・・・

広告

Tallin⑤エストニア お買い物」への2件のフィードバック

  1. 私も去年エストニア行ったよ~。日帰りやったケドかなり楽しかった。フィンランドから船で移動したんやけどホンマ近いよね。物価もフィンランドより安くってミトンやら調味料やらキッチン用品を買って帰ってきたわ。また行きたいと思わせる魅力があった。日本では大関の把瑠都関の出身地っていう位しかイメージが湧かないみたいやケド…

    • そ~いえばバルト関っていたね!すっかり日本の情報から疎く、そして記憶も遠のいてきましたわ。。
      だんなの会社の同僚が「ヘルシンキ→渡船→タリン」ってルートがいいよ!っておしえてくれたんだけど、ヘルシンキに魅力を感じずタリンだけになったんだよね…ハハ。でも北欧気分を味わえて楽しかったわ^^

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中