懲りずに英語

帰国間際になると、新しい習いごとを始める人が多いそうですが、
ご多分に洩れずワタスも。帰国ではなくて出産が理由ですが。

初めて行った家から一番近い学校は早々に挫折。
今考えたら、trial lessonsが設定されていなく、
見学もできなかったのが問題だったのかなーとも思う。

2つ目は駐在員(妻)向け英会話。
英会話教室 in Ealing
英語嫌いのワタスの導入としてはとても良かったです。

3つ目
噂のCallan(カラン)に行ってきました。
カランメソッドってやつですよ、1/4の時間で英語を習得するっての。
毎日説明会とレベルチェックテストがあり、空いていれば即申し込みできます。
テストでは、まず始めにカランメソッドとは何かの説明をされ、
その後1人1人に簡単な質問をした後、
模擬授業~・・・ ってこの模擬授業がオモロイ。
先生が高速で質問をして、指された生徒が高速で回答しなければならなく、
少しでも遅いと先生が先に回答を言うので、その反復を行うのです。
「こんな感じで授業を行います」
余りにも早過ぎて、その場にいた人、失笑。。アハ、ハ、ハ、ハ・・・
兎にも角にも、トライアルレッスンが2時間×3日取れるとのこと、
後日トライアルを受けに行きました。

緊張して席に付いて待っていると、
「教室変わったから○○号室に移動して~」と言われ、
その場にいた生徒10人ほど移動。
その移動先の教室には既に10人ほど着席済み。
すると私を含め3人ほど名前を呼ばれ「receptionに行って~」と言われる。
そして「今日はもう満員だから、別の日時に変更して。as usual~」 と。
!?
おいこら、わたしゃzone3から来てんねんぞ!
片道1時間かかって、かつoff peak料金でも往復£5.2もしてんねんぞ!
as usualなんて笑ってる場合かーー!!
と文句を言いたかったけれど、もちろんそんな英単語を知る由もなく、
別日程で予約を取り直し、すごすご帰宅。
ああUK・・・as usual・・・

しょうがなく別日程でトライアルを受け、なんとなく良い感じ。
カランメゾッドってMの人に向いている気がする、なんて感想を持ちつつ、
いやでも、流石にオックスフォードサーカスに毎日通うのは遠いよな~
と思っていたところ、
家の近くに同じカランメソッドを行う English Houseという学校にこれまたトライアル。
同じカラン方式でも本校よりスピードが遅く、
やっぱり家から近いと良い~
ってことでこちらに通うことにしました☆
なぜかレッスン初日からテストを受け、翌日からレベルが全員上がり、
最初に受けたレベルチェックは一体何のためだったのか全く分からないUKstyleは保ちつつ、
お休みした時にextra lessonsが受けられたり、かなり融通がきく学校みたい。

とりあえずあと4カ月とちょっと、あがいてみます~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中