The lake district Bownessボウネス

グラスゴーから車を走らせ湖水地方へ
湖水地方と言えば観光ツアーでは必ず組み込まれるイギリスの一大観光名所。
湖水地方の感想はまず一度行ってみてから言いたい、と思って2泊。
たまたま予約したホテルがウィンダミア湖のボウネスという地域で、
ホテルから徒歩2分が、ウィンダミア湖の船乗り場でした。
私たちは場所というより、ホテルがどうなのかで予約するので、
あまり立地は考えていないのですが、今回はよかったです―。

ウィンダミア湖の船は4種類ほどあり、
レイクサイド、ボウネス、サンブルサイドから出ていますが、
ボウネスから出る船が一番多く、
オンシーズンはかなりの量があり、サンセットクルーズもありました。
ま~雨・曇りの多い地域なので、
サンセットが見られるかは定かではありませんが・・・

船に乗ってレイクサイドまで行きます。
片道45分の船旅です~

んで着いた先の駅に待ち構えるのは、

ムフフ。ハーヴァーウェスト鉄道という観光列車!
若干テツコが入っている私は大興奮。ハナヂブーですわ

片道18分ほどで終着駅につき、そのまま折り返してきます。
駐車場もあるので、片道だけの乗車もOKです。
そして知る。
鉄道好きは日本人だけに有らず・・・
外国人の方も10分程度の待ち時間に必死に蒸気機関車の写真を撮りまくり!
ワタスだって負けません―。


↑この写真、今回の旅行の一等賞!
年賀状にしたいわ・・・ってワタスもぽんも写ってないけどね。
いや~このクルーズ+観光列車は楽しいです!
風景がいい、とは言い難いですが、旅情気分を味わえて◎

船でボウネスまで帰ったあとは、湖周辺のフットパスを散策。
湖水地方と言えばピーターラビット!だけれど、
ま、ええかそんなことは。。ってことでお散歩です。

インフォメーションセンターで景色のいい箇所の地図をもらい、
public footpathを突き進みます。
そしてココにたどり着きました―

もうね、public footpathなのか私有地なのかよくわからないのでけれど、
羊よヤギに囲まれ、ウィンダミア湖を眺めました―。
爽快です!
ガイドブックには「田舎道のウォーキングを楽しみたい」って書いてあったのだけれど、
その意味が分かった!
はっきり言って、歩かない湖水地方は中禅寺湖と一緒!
湖水地方に来たならぜひ時間をつくって歩いてもらいたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中