car seat

長い間悩み続けていたcar seat(チャイルドシート)をようやく購入。
問題点は
①日本で車を持っていないこと(渡英時に売ってきた)
②日本のチャイルドシートの基準が変わる
③いつ帰国かわからない

無駄なく使うためにはいつ買い変えるか、日本に帰っていつ車を購入するのか?
そもそも車買うの?
という安全性以外にも考えなければいけないことが出てきて、
オツムの弱いワタスはお手上げ。

とりあえず希望を書き出す。
①0+1(新生児~18kg)対応
②カバーが取り外せて洗える
③ISOFIXとシートベルト固定両方使える
・・・ISOFIXは2012年から日本が
欧州基準(European safety Std ECE R44 04)に合わせるので必須項目
④通気性が良い
⑤着脱が楽、1プッシュでできること
⑥side impactあり
⑦5点ハーネス

と、英語で書いたメモを手に持ち店頭へ。
ぽんはカーシートメーカーで有名なレカロというところの
チャイルドシートが欲しかったらしいが(ブランド好きめ・・・)、
実際の商品を見て希望③に対し疑問が湧いたのか、あっけなく方向転換。

全ての希望を満たす物はなく、結局購入したのはコレ

*公式HPより拝借
maxi-cosi(マキシコシ、マキシコージ)のcabriofix
UKでは王道中の王道です。
これは残念ながら希望①を満たしていなく、0+(新生児~13kg)タイプなのです。
んが、やっぱり安全性を考えると無理に長く使おうとするのではなく、
13kgになったら買い換えるのが良いのかな―と譲歩。

ISOFIX-baseは長く使える、maxi-cosi-FamilyFixにしました―。
別売アダプタでstokkeのpushchairに合体☆させられるのだけれど、
pram買っちゃったし、ま~え~か~ということでアダプタの購入は見送り。

広告

car seat」への2件のフィードバック

  1. 種類が多いと困りますよね。その点昔はアップリカか、コンビかって楽でした。で、アップリカは寝かせるタイプでコンビは座らせるタイプ。でもコンビの座らせるタイプがいいんですよ。寝かせるタイプは、泣きじゃくる!助産師さんが絶対アップリカだめよって、マッサージのときに教えてくれました。けど我が家は時すでに遅し…でした。
    けど買い物してる時が楽しいんですよ。買い物万歳です笑!
    なんとかなってくもんですよー。
    お疲れ様!

    • ほんとほんと、買物して気分を盛り上げるのが良いんですよねー^^
      あんまり自覚のないダンナも、カーシートを買いに行ったら(ようやく・・・)その気になってきたみたいで良かったです~
      それにしても、出費がイタイ。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中