36週検診

行ってきました―。
今回はGPでなくhospitalです。
11時予約が12時開始。
予約はずれ込むことが多いので、早めの時間を予約するといいと思います。
以前9時半で予約が入った時は、10分遅れ程度で始まりましたー。
これってどこの国も一緒。。

 検診内容は、尿検査・血圧・簡単な問診・ハラのサイズ測定・
胎児の位置と心音確認・体重測定。
今まで体重測定なんてなかったのに、ここにきて今更ー!?
でも何も言われることなく。
胎児の位置はcephalic、at brimって書かれました。
cephalicは頭が下向き、brimは骨盤のどの辺りにいるかってことです。
atだけじゃ分からん―!!

そしてbirthplan。考えて行かなかったので、
midwifeに若干白い目で見られちゃいました。
planは事前に自分で考えて、シートに書き込んで行かなければならないのです。。
そこで、midwifeからの尋問(問診?)
産前学級に参加しているか→No
産前に関するサイトを読んでいるか→No
日本人向けのサイトを読んでいるか→No
というか、ワタス出産(方法)になんの興味も関心もなくて、
はっきりいってどーでもいいんです。。
なんとでもして下さい。。と思っているのですが、
逆に通訳さんがいろいろフォローして下さいました。。

唯一の希望は無痛分娩と、夫の立会拒否。
この国はパートナーが出産に立ち会うのが通常のようですが、
苦しんでいる姿を見られたくないのです。
「でもあなた英語わからないでしょ?」
いえ、聞き取りは大体できてますし、出産に関する単語で言えば、
ぽんよりも私の方が勉強しているので理解できますー・・・

少し心配事があったので、血液検査をしてもらいました。
出産予定の近い姉が妊娠糖尿病と診断され、4日ほど入院してしまったのです。。
(もちろん日本で。既に退院済み)
36週にやっても遅いわよー なんて言われたけど、
ワタス、23週頃にグルコーステスト受けたいって言いましたけど・・・??
この病院ではmidwife毎の判断なので、
当時は受けさせてもらえなかったんですね~。
まあ血圧も安定してるし、尿検査も問題ないし、大丈夫だとは思うけど。

この後は38週と40週に近所のGPでroutine。
出産が来ない時のために、41週にhospitalで検診が受けられるよう、
念のための予約を取りました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中