NHS maternity exemption certificate

妊娠中~出産後1年間の歯医者代(NHS)と薬代(NHSで出された処方箋)が
無料になるカードをようやく発効してもらいました。

本来ならもっと初期に発行してもらえるのですが、
どうも私の担当のGP・NHSは自分から言い出さないともらえないようで。
GPでのmidwife検診時に、まだもらってないねん・・・と伝え、
midwifeが一筆したためた証明書を指定住所に送付、
1週間程度で届きました。

使うかどうかは別として、もらえる物はもらっておきましょ。
高い税金払っているんだし~

***

ところでUKでは帝王切開率が高いです。
日本人に好まれるポートランド病院のとある1人の産科医にかかると、
帝王切開率は40%以上だそーです。。
その産科医が切開が好きなのか、もしくは切開を希望する人がその先生を指名するためか
(プライベート病院は担当医を指名できるのだそう)
その数字の真相は知りません。
私は自然分娩推奨派でも帝王切開推奨派でもなんでもありません。が、
帝王切開って言葉、変だなーと思っていたのが
英語圏に居て、由来が分かりました。
帝王切開、英語だとcaesarean section、c-sectionと表記します。
このcaesarean、皇帝カエサル(caesar)に由来する、という説があるそーです。
ほかにも説あるようですが、
caesar = 帝王 だからって誤訳過ぎー
医療用語って奥が深い。。

広告

NHS maternity exemption certificate」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: イギリスで歯医者 | mon-london日記

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中