産後ケア

未だに理解していないこの国の出産事情。
退院後ってどーなってるの?と思っていました。
退院時に病院のmidwifeから渡された3通の封筒。
1通はGP(かかりつけ医)に、1通はcommunity midwifeに、もう1通はhealth visitorに提出してね、とのこと。
GPは良いとしても、community midwifeとhealth visitorに出すってどうやって?

退院後翌日、謎が解けましたー。
何の前触れもなく玄関先に「widwife~♪」と訪問者。
病院からcommunity widwifeに連絡していたようで、おばちゃん1人突然登場。
オマタと子宮の回復状況をさっと目視、
コンニャク氏の状況をさらりと見て、
あなたの担当地域のミッドワイフはどこそこで電話番号はココよ、と教えてくれ、
10分程度で立ち去る。
あー、community midwifeってこうやって自宅訪問するのね、
自分でわざわざ外出しなくていいなんて、なんて楽なサービス。。

なんだけど、
事前連絡なし!?
ついでに言うと、ワタスのフラットのセキュリティってどーなってるの!?

ってことでcommunity midwifeは血液検査含めこのあと3回、
すべて事前連絡なし、玄関先に突然現れるのでした。。
*近所の方曰く、回復状況によって訪問回数が違うようで、
私の場合は産後10日間のうちで4回訪問。

さて問題のhealth visitor・・・
これって何?と訪問してくれたミッドワイフに聞いたところ、
出産後10~14日の間に時間確認の電話が架かってくるわよ、と言われる。
ってことで翌日health visitorさん登場。
そもそもヘルスビジターって何するのか知らんぜよ。。
でとりあえず登場した方の話では、
出産はどうだった?パートナーの立会はした?産後はどう?
と言った会話(アンケートなのかどうかは不明)のあと、こんな冊子頂きました。

予防接種・母乳育児・今後の家族計画云々
ミッドワイフとはなんとか会話できたものの、
ヘルスビジターさんはそもそも訪問目的が分からなかったから英語が出ない出ない・・・
言っていることはわかるけど、返答できず。。。
「私は水曜にドコソコでbreastfeedingの指導しているからぜひ来てね」
とおしえてくれるものの、
ワタスbreastfeedingあんまり好きじゃないんだよなー・・・とは言えず。
そんなんで40分ほどカタコト英語で頑張りました。
ちなみにこの突然の自宅訪問、NHSなので無料です。

そうそう病院退院時にイギリスの母子手帳もらいました。

身長・体重・検査結果・予防接種等々の記録をしていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中