Bruges ブルージュ②

毎度の如く、美術館巡り
ブルグ広場にあるブルージュ市庁舎
14世紀建造、19世紀修復
このとんがりがゴシック建築の特徴ですな

DSC03798 (332x500)

DSC03836 (500x332)

リフトがあるのでベビカでもOK
見所は最上階のゴシックの間のみだけれど、これが入ってびっくり。
必見です

DSC03804 (500x332) DSC03810 (500x332)

もうひとつのメイン、グルーニング美術館
ぽんが敬愛するヒエロニムス・ボッシュ(ボス)の作品があります。
この世界観、きっと迫害にあっただろうな。。

DSC03978 (500x332)

DSC04006 (500x332) DSC04005 (500x332) DSC03985 (500x332)

DSC03983 (500x332)DSC03980 (500x332)

ボスの絵はリスボン国立古美術館で見て以来、ぽんが好んで好んで仕方がない。
この絵を見に、ブルージュまで来たようなもん。
この世界観、シュールレアリズムなるものですが、地獄絵図とでもいいましょうか。

ちなみにワタスはこっちの絵の方が気になりますた。
なんとかなんとかの生涯、って名前の絵巻絵風絵画でストーリーを知っていたらもっと興味をもって鑑賞できただろうに。

DSC04002 (332x500)

宗教絵画ってよくわからない場面をテーマにすることがあるのはなんでだろう。
キリストの磔の絵画ってなんのためにあるんでしょうかね?
人間の贖罪を描いた聖なる場面、ということなんでしょうか?
無知で申し訳ないけど、あんな痛々しい場面を見て崇めるものなんでしょうか・・・

ブルージュには他にもフレンチフライ博物館・チョコレート博物館等々あるのですが、
コビトがいて且つ半日ずつ×2では見切れない!
あ~もう1泊したかった。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中