fox and grapes でパブランチ

このあたりでは有名なパブ(ってかパブ何軒もあるけど)でランチ
fox and grapes フォックス アンド グレープス
パブっていうか、カジュアルレストランです。
高級住宅街にぽつんと出現。
元々はミシュラン☆に輝いているシェフが始めたとかなんとか、、

DSC02621 (500x375)DSC02614 (500x375)おいしいお店はサンペレグリノを出さない!と言う私の先入観。
サンペレグリノっておいしくない。というか私好みの味でない。
DSC02613 (375x500)

パブレストランなので、そのあたりのパブよりはお値段お高め。
その分、味も・・・とまではいかないけれど、もう1軒有名なパブランチよりはおいしい。

DSC02626 (500x375) DSC02625 (500x375)

ぽんはいつものバーガー、私はフィレ。
ちゃんとミディアムレアで出てきたし、硬くない(ってこれイギリス料理を食べ慣れた人なら分かってくれるはず)
ポテトはおいしい☆

DSC02629 (500x375)

デザートにトフィープティング
これは◎◎
注文を受けてから焼きはじめるので出てくるまでに異様に時間がかかる。。

土日は予約無難。
ランチは2時以降なら予約なくても入れそう。
ベビ・子ども・わんこフレンドリーなお店。もちろんおむつ替え台もあります。

ただ・・・パブなら近くのhand in handってとこの方がパブっぽくて好きかも

広告

chateau de Versailles ベルサイユ宮殿

3度目のベルサイユ宮殿
ホテルを取ったオペラ→アンヴァリッド→ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュまで。
オペラにもアンヴァリッドにもエレベーターなし。
抱っこ紐がんばりました。
こんな日が来るだろうと、アマゾンで注文しておいたエルゴ、5カ月目にして初めて活躍の日が来た。
*ちなみにイギリスでは抱っこ紐はあまりメジャーでないので、赤ちゃん用品店の片隅に申し訳ない程度に展示。試着用もあるけど、なぜか売り物と試着用が揃ってなかったり。。
友人宅に行く際に使って以来!しかも同じフラットの人だったので、抱っこ紐を使わなくてもよかったのに、練習のためにわざわざ引っ張り出した以来で緊張。

で、やっぱり予想していたことが起きた。
抱っこ紐内でうんち。。
お腹も背中も押されてうんちが上の方まで・・・
しかもコビトは1日1回なので量も大量。
おむつ替えどこーー!と駅を降りた目の前のマクドナルド。
きれいで広めのおむつ替えルームありました☆
マクドナルド様様。
無料で自由に使えるのだけれど、コーヒー1杯だけ注文。ありがたやマック
このおパリ旅行の一番の功労者です。マックが。

DSC04950 (500x332)

コビトさん、産まれた時はWHO UKの体重表では上位25%に入るデカさだったのにもかかわらず、その後の伸びは緩やか(だった模様。体重測ってなかったけど)、ロタ前後にはジャスト平均になったので、
抱っこ紐もそれほど苦ではありません。
が、ミルクっ子。。
かばんの中に入れたミルクを飲むたびに、旦那が持つかばんは200gずつ軽くなり、
私が抱っこするコビトは200gずつ重くなるという・・・チーン

DSC05049 (332x500) DSC05037 (332x500) DSC05033 (332x500) DSC05019 (332x500) DSC04961 (500x332) DSC04974 (332x500) DSC04994 (500x332)

フェルゼン!
と愛を語らった離宮までは時間がなく割愛。寒かったし。
ベルサイユはほんと人が多いけど、敷地も広いからそれほど混んだ感はなし。
事前調査の上抱っこ紐で来て正解。
ベビーカーで来られた方が楽だったけど、致し方なし。
おむつ替え台がどこにあるのか?ですが↓一応あります。

公式HP
*インタラクティブマップ参照に

が、おすすめはカフェ・レストランのアンジェリーナ。
レストランなので入りにくいか?と思いきや、立食カフェスペースの奥がトイレになっているので、
立食するよ雰囲気を醸し出して奥に行けばOK
車椅子用トイレ内に併設。
きれいで広いし、一般の人は入れないけど赤ちゃん連れだと入れてもらえて◎
というかここのアンジェリーナ、普通に美味しいので食べて行くとよい~

バラはバラは~♪
の曲が頭の中をぐるぐる。ベルバラ日本に帰ったら読もう。
山ちゃんにまた借りようかな。

*余談
コビトさん、ミドルネームを考える時にフェルゼンだのアンドレだのオスカルだの提案したけれど全て却下されました。残念。。

Palais Garnier パリ・オペラ座

おパリのオペラ座
最近ばたばたしてて、おパリ旅行記アップできないかと思ったけど無理矢理

DSC04846 (500x332)

おパリは3度目。
ロンドンからはすこぶる近いのに、実はぽんと来るのは初めて。
ユーロスターって直前に予約すると高くて・涙
ぽんは土日の予定はその日に決めるタイプで、
ワタスの希望をあまり聞いてくれないので、ようやく来れたって感じ(グチ)
コビトさんいると、パリってとってもハードルが高い。
おパリで買物、なんて夢です。1日1観光がやっと

DSC04769 (500x332) DSC04785 (500x332)

DSC04756 (500x332)

↑ベルサイユの鏡の間より豪華なんじゃないかと思ったヨ

オペラに着いてお昼も食べずに観光。
したらこれが良かった!劇場内がゲネプロかなにかで閉鎖で、少しあとに入った人は
シャガールの絵が見られなくなっていた。
自由見学 ってもこういうことってあるのね。。
翌日は昼公演がある予定だったから一切見られなかったはずなのでギリギリ~

DSC04711 (332x500)

5番ボックスは空けといて!

*パリ赤ちゃん連れ旅行*
日本から来る人にとっては厳しい。。かなり。
地下鉄は急な階段、エスカレーター(しかも高速)のみ。
ベビーカーの持ち上げはそのあたりに居る男性が手伝って上げ下げしてくれるけど、
ストッケは重いから無理だと思った。
街中で使っている人は何人か見かけたのでバス利用かも。
改札は駅員さんがいるようなボックスの前の扉を勝手に開けて通す(ホテルの日本人スタッフ曰く)
とにかく地元の人はベビーカーで地下鉄に乗っているので、
なんとかなるらしい。
でも日本で見かける軽そうなタイプが多かったかも。マクラーレンとか。
お隣の国なのに、イギリスはがっつり大型が多いのに、フランスは日本のような小さめタイプが多かったかも~

タクシーも日本式タクシーなので、ベビーカーを折りたたまなきゃいけない。
ロンドンの黒タクはそのまま乗せられるのに!
いちいちアカゴを抱っこ、折りたたみ云々が面倒に思って利用せず。
北駅からオペラの近くに取ったホテルまで40分ほど歩きました~
晴れてたからできたことだけど、雨だったらバスかな・・・
直前のユーロスターは激高だけど、天気を見て予約できるのはよかったかも。

おむつ替え・・・どこでできるの?
高級そうなホテルを見つけて借りるのが一番のような。
宿泊をオペラ座の目の前、インターコンチにしたら、おむつ替え台がしっかりしていた☆

*ユーロスター*
ベビーフレンドリー☆
イギリスは本当にbaby/kidsフレンドリーで、ユーロスターももちろん◎
ファミリーシートなる席があり、他の席とガラス扉を挟んで隔離されている車両あり。
ただし先に予約している人がいると取れない。発券後に有人カウンターに行って変更してもらいました。
その車両にはおむつ替えルームあり。
ベビーカーも折りたたんで荷台に乗せられる。
アカゴが泣いても、近くの人があやしてくれる。
日本の新幹線はとても優れているけれど、子どもが泣いたら「なんで子ども乗せてるんだよ」なイタ~イ視線を感じるのに、この国はあらあらどうしたの?とみんながやさしい。
ユーロスターの子連れ情報は travelling with children

☆追記☆
よくよく考えたら、ベビーカーとかおむつ替え台が少ない不親切さって日本と一緒なのかも。
ってことで日本の小さく軽いベビーカーと抱っこ紐に慣れている人は観光しやすいのかな?

Cannizaro house でafternoon tea

DSC05223 (500x332) カニザロハウスでアフタヌーンティー
同じフラットのママ友さん達でお茶会。
お一人は私が妊娠判明してからずっとお世話になっている方。
同じ住所なので同じGP、同じ出産病院になるので、
GPの登録~今のコビトの世話に至るまで、本当にお世話になりました。
きっとこの方がいなければ、私の妊娠~出産は行えなかったんじゃないかと思うくらい。

カニザロのATはリッツやらサヴォイやらの有名ホテルとは違って、
スニーカーでも入れちゃう気軽さがあり、でも☆4の優雅さはあり、
つまりは使い勝手がいいってこと。

DSC05230 (500x332)

このホテルはピンクのうさぎがトレードマークなのかな。
いたるところでこのかわいらしいお姿が拝見できます。

DSC05240 (332x500)

イースターが近いのでイースターサブレ。これ美味しい
クロテッドクリーム美味

DSC05243 (500x332)

DSC05244 (332x500)

近くのハイストリートでも食べられるけど10分くらい歩かなければいけないので、
通常朝食込みでありがたい。
朝食も夕食もとてもおいしい~♪
こんな近くにおいしいお店があったなんて知りませんでした。。
というか、うちの近所、おいしいお店が多いんですけどね。

DSC05200 (500x332)

ホテル近くの沼
ここよく散歩で来た(来る)ところ
豪邸が奥に見える・・・

Cannizaro park

ホテルのすぐ横、というかホテルがそもそもパークの敷地内?な公園にお散歩

DSC05177 (500x332)

イギリスの公園ってこういう景色多いなぁ
そのへんにぽつんとベンチがあって、誰かがぼんやり座っていたり、
おしゃべりしたり、本読んだりDSC05179 (500x332) DSC05182 (500x332) DSC05183 (500x332) DSC05184 (500x332) DSC05186 (500x332) DSC05188 (500x332)

↓カニザロハウス
テラス席がガラス貼りになって寒い夏でもOKになりました。 DSC05193 (500x332) DSC05196 (500x332)

門の開閉時間決まってます。 DSC05197 (332x500) DSC05198 (500x332)

家のすぐ近くだったのに、この公園は来たことがなかったなぁ・・・
妊娠後期は1日2~4時間の散歩(休みを入れて)していたけれど、
いつもパークかコモンに行っていたので。
日本にこういう公園あったらいいのにな。
でも日本だと、薄暗くて怖いからあの公園なんとかしろ、って苦情が行政に出るんだろうな。

DSC05175 (500x332)

もうすぐ春。
もう春。

卒業式を待つ卒業生の気分ね。
期待と不安と淋しさが入り交じる

Cannizaro houseに宿泊中

我が家の周辺では良いとされるcannizaro house(カニザロ ハウス)に宿泊中☆
☆4ホテル、なのですが結構よいです
ロンドンには☆5☆4ホテルが何百とあるので、わざわざここまで泊りに来る必要はないっちゃないけど、地元の人の社交場(レストランとかパーティーとか)ではかなり◎

DSC05187 (500x332)

入ってすぐにレセプションがあるのでちょっとびびりますが、
出入り自由。すぐのロビーでゆったりくつろげます。
お茶も頼まなくても問題なし

DSC05208 (332x500) DSC05209 (500x332) DSC05210 (500x332)

DSC05217 (500x332)

DSC05221 (332x500)

部屋はこんな感じ
これで一番下のランク。。十分広いです。 DSC05211 (500x332) DSC05213 (500x332)

コットベッド(無料貸出)置いて、スーツケース置いて、pushchair置いてもまだまだ余裕あり。
夕方のベッドメイキング時にはビスケット缶にビスケットを入れてくれるサービスも。
バスルームも超おしゃれなんですよ^^
写真を撮る前に荷物をがたがた置いてしまったので、全体図がないけれど、いい~E~

続いてはお隣のカニザロパークとお決まりafternoon teaへ

Granger & co

お友達のブログを読んでいて、ワタスも(日本に帰る前に)食べたいと思ったパンケーキ
日本ではbill’sという名前らしいけど、イギリスではgranger & co と言うらしい。
というか、こっちが第1号店。Bill Grangerさんのお店なのね~
最寄駅はノッティングヒルゲート
もうそのお名前だけでオシャレな感じ。

DSC02553 (500x375)

日本で並ぶよりはイギリスで・・・ 平日のお昼時、わりかしすんなり入れました。

DSC02554 (500x375)

なんちゅーか・・・
期待値が高かっただけに、普通。。つーか高い。
このパンケーキと紅茶+サービス料で£16って・・・
食べたことないけど、モンサンミッシェルのオムレツってこんな感じのもわもわなのかな~ と思った次第でありんす。

このお店周辺のWestbourne Grove
お高そう(いや実際高いんだろうな)子ども服がたくさん。
ウィンドウショッピング・・・ウィンドウにも近寄りがたい

DSC02550 (400x295) DSC02549 (400x290) DSC02545 (400x290) DSC02547 (299x400) DSC02548 (400x295)

我が家のオハゲちゃんにはM&SとH&Mで十分ですたい☆