哺乳瓶

使っている哺乳瓶はこの2種類
Philips Avent(フィリップスアヴェント)*画像は公式HPより拝借

あまりチチ育児に興味のなかったワタクシですが、
最初からフルに哺乳瓶を揃えるのも・・・と気が引けて、知人から頂いたアヴェントのクラシックボトルというのを最初は使っていました。
が、
これがイマイチ・・・で同じアヴェントのナチュラルという物(上記写真)に変更。
クラシックとナチュラルの何が違うかと言うと、ナチュラルの方がよりanti colic(空気が入りにくい)だそう。。 使用心地はほぼ一緒かな、と。

そしてこれまた知人から、combiの消毒ケース「消毒じょ~ず」と言うのを使っていました。
が、
これ、どこが「じょ~ず」なんですかね?全く理解できません。
入れた水はこぼれるし、縦長でない哺乳瓶は2本しか入らないし、使えない(借りたにもかかわらず・・・) で、
アヴェントのシリーズのレンジ用の消毒器を買おうとしたところ、
サイズが大きく我が家にあったmicrowaveに入らないことが判明。

じゃあ、ということでコチラ
tommee tippee(トミーティッピー)*画像は公式HPより拝借

410x340_1[1] easivent

正解!このトミーティッピーの方が消毒器も哺乳瓶も使いやすい!
消毒器についていえば、水がこぼれることがほぼない。
ボトルは3種類あるのだけれど、一番ノーマルタイプを使用。

トミーティッピー良い点は
①ボトルサイズが150mlと260mlの2サイズ
イギリスの粉ミルクは90ml,120ml,150ml・・・と30ml単位なので、
125mlサイズという中途半端なサイズは3カ月もしたら使えなくなる。

②teat(乳首部分)とその周りから液漏れしない。
アヴェントは アマゾンukのコメント欄に投稿されていたが、事実、こぼれやすかった。

③teatの数が(比較的)少ない。
0m~、3m~、6m~の3種。
アヴェントは 0month~、1month~、3months~、6months~ の4種のため、
ボトルを6つ持っていたら4種×6コ=24個買わなくてはいけなくなる。

確かに赤ちゃん的にはいいのかもだけど、初めの1カ月をほぼteat付き液体ミルクで過ごしていたのでこのteat全部を揃えるのはちょっと無駄。

哺乳瓶って種類も多くて月ごとに揃えなきゃいけなかったりで、
出産前にはどう揃えていいのか全く分からなかった。
「母乳の出る出ないであとから揃える」ってよく書いてあるけど、
「使用心地であとから揃える」方がいいと思った。

ってゆーか、
combiの「消毒じょ~ず」、なんであんなに評価が高いんでしょうか?
ほかに比べる物がまるでないような評価の高さ・・・
超使いにくい!!

広告