weaning

これまた同じお友達に頂いたイギリスのオーガニック離乳食
海外は離乳食を早く始める(大体4カ月頃)と思われがち。
いろんなサイトでそういう風に書いてあることが多いけど、
イギリスでは6カ月頃の開始を勧めているようです。

DSC03075 (500x375)

↑ from 4months とは書いてあるけど、実際に裏の注意書きを見ると、
「The Goverment advises you don’t need to wean your little one until they are 6months」
とちゃーんと書いてあるし、私の持っている育児書にも
「It is recommended that babies are exclusively brestfed for the 6 months」との記載。
同じように、海外は母乳で育てない云々言われることもあるけど、
イギリスは母乳育児推進国です(私がしなかっただけ)
以前にも書いた通り、液体ミルクが存在するので「粉ミルク育児」とは言わずに「bottle-feeding」と表現。
ついでにいうと粉ミルクでなくてformula(調合ミルク)と表現。
ちなみにこのオーガニック離乳食、素材を存分に生かした味になっております。。
コビトさん、よー食べます。

先日コビトさんが咳・下痢がひどくて家から一番近い小児科に連れて行ったところ、
「粉ミルクはあげたことある?」と質問されて仰天した。
8か月の子に!?
8か月と言えばもう保育園に通っている子も多いし、
逆に母乳だけで済ませている人の方が少ないんじゃないか?
私は、私の都合で粉ミルク育児をしているからいいとして、
もしこれが母乳育児がしたくてもできない人に対する質問だったら、
なんと失礼な小児科医だろうか。
イギリスにいても「brest or bottle?」とどの助産師・医者・看護師にも聞かれたし、
帰国後、3軒ほど行った他の小児科でも「え~と、母乳・・・かな?」と遠慮がちに聞かれたのに!!
60前後のおっちゃんだから?そういったデリカシーのない言い方になっちゃうのかな。

organic children sun lotion

ロンドンのお友達の一時帰国に合わせ買って来ていただいた、コビト用日焼け止め(左)
右はワコードー

DSC03073 (500x375)

私はオーガニック至上主義でもロハス云々でもない。が、
何が使われているかわからない商品を使ったり水に流すことに抵抗があるので、自分なりの基準で洗剤・石鹸等を選んでいます。
オーガニックと表示されているもの全てがいいというわけではないけれどね。

昨今の健康志向で水・トクホ商品はどこのスーパーに行っても買えるようになったのに、
こういったオーガニック製品は探しに探し回らないと手に入らない日本。
なんだか矛盾してるな。

友達曰く、
夫は新しい職場で忙しく、かつて住んでいた海外生活のことをさらりと忘れられるけど、
妻が海外生活のこと(特に良い地域に住んでいたら尚更)を忘れるには2年かかる。

私もそのヒトリ。ププ
あ~ロンドン帰りたい・・・