Giuliana’s kitcken カップケーキ編

最近ブログが先付け投稿できることに気が付き、

時間があるときにまとめてUPすることにした私・・・

まとめてUPしていたチョメ日記が終わったので、これまたちょこちょこ更新することにしましたグッド!

以前一度行った、ジュリアナお菓子教室

今回はカップケーキ

も~~~う かわいいの。ただ単にカップケーキを焼いて、

タークリームを絞ってデコレーションしただけなのにドキドキラブリードキドキなんざますの。

白と、食紅を足してペールピンク、さらに足してホットピンク、生クリームの白の4種類。

その上にアラザンやチョコレートなどで好きに飾り付けて。

壮観!!
London日記 といいつつ違うことも

こうやってアフタヌーントレイに飾ると豪華に見える~

こんなトレイ欲しい!けど、いつ使うか分からないから保留

London日記 といいつつ違うことも

ま~レシピを見ると、気絶するんじゃないかと言うくらいのバター(マーガリン)と砂糖の量ですが、

お店で買うカップケーキよりやっぱり美味しい音譜

今回は1人だったので、先生の機転?によりアシスタントの日本人の方がご一緒してくれました。

この方がとってもいい方でして音譜

最近の私は、英語の聞き取りは半分 4分の1くらいできるようになったのですが、

如何せん回答ができない汗

こう言いたいの!っていうのはあるのだけれど、表現がわからず言葉に詰まること多々あり・・・

そんな時すかさずフォローしてくれるんですよ~

空気を盛り上げてくれたりね。

なんかすごいな~ と感心してしまいました。

広告

Giuliana’s Kitchen

単発のお菓子教室へコーヒー

ブーケ2 Giuliana’s Kitchenブーケ2

↑英語のHPがありますが、以前の生徒さんが訳したHPにリンクするようにしました。

が、予約のメールは英語です~~

だんなの「英文Eメールの書き方」を参考に、骨組みを作り、だんなに添削してもらって送信手紙

さてさて

作ると言っても、先生が手順を説明して簡単に手伝うだけあせる

たまたま、短期留学でこられているユカさんと2人だけだったので、手元が良く見えて楽しかった音譜

コーヒー今回のメニューコーヒー

Florentines(フロランタン)

saemonのLondon日記

イギリスの伝統的なお菓子なんだって。

ちなみに・・・

クッキーはアメリカ、イギリスではビスケットって言うのよ~

なんて小ネタも仕入れたチョキ

Sherry trafle(シェリートライフル)と Victoria Sandwich(ビクトリアサンドウィッチ)

saemonのLondon日記

サンドウィッチって書いてあったから、パンだと思ってたら、スポンジケーキにジャムを挟んだケーキのことを言うそうです。。無知な私。。

最後はトーストでランチナイフとフォーク

saemonのLondon日記

この時のドレッシングが美味しくて、今度買う!!

テスコの「ハニーマスタード」

夜ごはんの時はドレッシングは自分で作るけど、朝は市販品を使っています。

これが美味しくなくて、どーしようかな~~と思っていたから、助かったビックリマーク

ちなみに、

おうちの中は写真撮れなかったけど、ほんとかわいかった音譜

お店みたいで、物がたくさんあるんだけどまとまりがあって。洗面台もお洒落に飾ってあって。

イギリス人のおうちを見られる機会ってそんなにないし、

参考になった目

65£もするから、結構高いな~って思って行ったけど、満足ドキドキ

さてさて、

これまただんなはドイツ・ポーランドに出張しているので、

作ってもらったお菓子は私の胃袋へ・・・

あ~キケン