day 50

コンニャク氏がこの世に登場してから50日、満7週になりました。
少ししたら首も据わりそうで、もうコンニャク氏とは呼べなくなってきました。
初めの3週間は、なんで泣くのか全く理解できずに、
夕方になるとノイローゼになりそう・・・と思うこともしばしば。
満3週の時、ぽんが8泊9日の日本出張に行った際に転機が来ました。
育児経験者の姉1からの助言、
「とにかく観察しろ」
この言葉に救われたかな。
ミルク飲んで30分もしない内に泣いているのはなんでだろう、と思っていたら
実はオムツから横漏れしていて服が濡れていただけだったり。
その時に、それまで赤ちゃん=未知だったけれど、
このコンニャク氏ときちんと向き合おうと思えるようにもなった。
それ以降は気分も楽になって、
泣いていても少し放置、なんで泣いているのかよくよく観察・対応するようになりました。
この出張期間は中7日だったので「僕らの7日間戦争」だと自負しています(古いか?)
初めの3週間は何を話しかけていいかわからず、
無言でミルクもおむつ替えもしていたけれど、
この7日間戦争中に話しかけて、また楽しんで育児をできるようにもなった。

母乳は最高の栄養だから母乳育児推奨!という世間一般の風潮は、
未だに私を苦しめるけれど、
自分がそう苦しんで育児をがんばる必要はないし、
フォーミュラだと、ぽんもミルクをあげられていいんじゃないかなと開き直つつあります。

出産前、子どもに愛情が沸かなかったらどうしよう、と不安に思っていました。
1カ月半経った今、これが子どもに対する愛情?というものはまだ感じていないけれど、
寝ぼけながらコミカルに動くのを見ては、小動物に対するような可愛らしさを感じます。
寝ている姿を見ながらメシが食える、とでも言いましょうか(本気で)。

週に1度は、自分の自由時間を頂いています。
平日ぽんが早く帰って来た日は1人でスーパーに買物に行ったり、
週末は大体3時間くらい、近くを散歩したりお茶したり、と。
この気分転換は私がノイローゼになるのを防ぐので、ぽんに感謝です。

「週末育メン」と言ったら、「週末以外もやっている」とつっこまれちゃいました。
ごもっともです。

1month

早いもので生後1ケ月となりました。
NHS主催のchild health clinicに、体重測定とちょっとした質問をしに行ったのですが、
混雑ぶりに諦めて帰ってきてしまいました。
待合室にベビーカーを置いておけないので、
寝ているのをわざわざ起こして待つのもなんだしな、と思い。
何より、待合室にいたベビー達の行儀の良さに圧倒されてしまった。
生後1ヶ月~半年くらいの10組ほどのベビー達、誰も泣くことなく
笑顔で愛想を振りまく姿に、コンニャク氏は交れないと感じた。
ちょっと母親として凹んでしまった。。

結局正確な体重はわからず、家の体重計で
コンニャク氏を抱えた状態-私の体重 で検討を付けました。

母乳育児はしないことにしました。
吸われている感覚が、私には気持ち悪く感じられ生理的に受け付けないので。
また「胸が大きくなって岩のように硬くなる」と言われるけれど、
全くそんなことはなく、母乳向きチチでなくて良かったとも思う。
ミルクがちょっとだけ足りない、寝付きが悪い時などの緊急事態用に、
1日2~3回は練習することにしています。
ただ、
「女のムネ吸えるようになるまで20年はかかるぞ」
なーんて言いながら練習してるんだけど、
コンニャク氏には全力で嫌がられます。。

このままミルク当番だけで人生が終わってしまうんじゃないか?
と、ぽんに話ししたのですが、
よくよく考えたら働いていた時も、このまま人生が…
って考えていたわけだし、育児も仕事も結局は同じなのかな。

なんだかツイッターのようなブログになってしまった。

day 10

私は母乳が出ないようで、また元々完全母乳で育てるつもりはなかったので、
基本的に市販ミルクを使い、補助的に母乳(以下チチ)にしてます。

が、粉ミルクって準備タイヘーン
夜中にそろそろコンニャク氏が起きそう、と思える時間に準備を始めるのだけど、
その前に泣きはじめて間に合わない!ってことがあります。
そこで先にチチをあげておいて、あとからミルクを足すことにしたのだけれど、
泣いて泣いて泣いて(あ~こんな言葉書くと工藤静香の曲を思い出す)
泣かれて泣いて、でもチチは出ず、って状況。
ぼそりとつぶやいたワタス。
「水木しげるに出てくる妖怪みたい」

さすがのぽんもびっくり。
わずか10日目にしてワタスが育児疲れをしているのを察知。
翌日自分1人でコンニャク氏を見ているから、少し外に出ておいで、と言ってくれました。
1時間半ほど、お茶だけしに外に出てすっきり。
産後はあまり動かない方がいい、って話もあるけど
家の中にいて鬱々するよりは外に出た方がいいこともある。
なにより、ぽんが早くに気が付いてくれたことが良かった。

ちなみに最近は昼間は粉ミルク、夜は手抜きしてカートンタイプを使用してます。
これラクチン

更に手を抜きたい時はこっち

使い捨てteat付きミルク。
ただコンニャク氏、最近は90mlじゃ足らないのでこれは主に外出用かな。

そして画像をamazon.japanからお借りしたのだけれど!
すごい金額で売ってますねー・・・
イギリスでもこのteat付きは高いなーと思っていたのだけれど。