リッツ・カールトン東京でアフタヌーンティー

六本木ミッドタウンにあるリッツでアフタヌーンティー
調べていたらコビトフレンドリーなアフタヌーンティーができるとのことで。
1カ月ほど前に、大人2人・コビト1人で予約したら、特等席を用意していて下さっていました。

DSC_0975 (600x337)

45階がレセプション、ロビー。正面にスカイツリー、右手に東京タワーが見える好条件。
コビト連れに嬉しいキャンセルチャージなし。
リッツですので、アフタヌーンティーもお値段が~・・・
で一番下のコースだとこんな感じ。

DSC_0978 (600x337) DSC_0977 (600x337) DSC_0976 (600x337) DSC_0973 (600x337) DSC_0974 (600x337)

さすがに一流ホテル、美味しゅうございました。

ほかにも、
0~12歳が注文できる、テディベアアフタヌーンティーなるコースもあり。
4300円+サービスチャージだったけれど、
メニューを見ると、多分3歳くらいまでは食べられないような品の数々・・・
テディベアが付くのは魅力的だけど、1歳児には注文できませんぜぃ。残念~

ここに来ているお客さんはみんなお綺麗でした~
見た目も所作も。
コビト連れでぼさぼさ頭、アクセサリー嫌いで質素な服の私。残念~

the house of parliament

かなり今更の写真がでてきました。
コンニャくさんのビザが発行されているにもかかわらず、仲介業者のクリスマス休暇のために手元に来ず、年末年始は家でひっそりと過ごしておりました。
んで元日にどっか行こう~ となって行ったビッグベン

DSC01536 (500x333)

右後ろにちゃっかりウエストミンスター寺院まで・・・ DSC01621 (2) (500x333) DSC01660 (500x333) DSC01684 (500x333)

ビッグベンのテムズ側向かい側にある病院に隣接するパーキング、
かなりおすすめです。
観光客がまず来ないのでゆっくり撮影できます~
しかも病院なのでミニスーパー(M&Sだったかな)もあるし、トイレだって借りられちゃいます。

あと、穴場なのはこれまたビッグベン斜め向かいにあるマリオットホテルのラウンジ!
(3枚目の写真がマリオット)
かなりの好立地にあるにも関わらず、利用客は宿泊者?の高年齢のお方々のみで空いてます。
マリオットのビッグベンビューと言われるお部屋は、1泊£500近くするのですが、
このラウンジなら、同じビッグベンビューが£10以下☆

natural history museum

博物館が揃うサウスケンジントン駅は、家から乗り換えなしで1本で行ける超便利なところ。
しかも駅から地下道で繋がっているから、雨の日の観光にはもってこい、
のはずなんだけれど、
サウスケンジントン駅、リフトなし。
どーーーしても行きたかったのでtubeとバスを乗り継いで行ってきました。
しかも雨がかなり降っていたので、駅から地下道の利点の恩恵を受けず・・・

DSC02488 (500x375)

この建物、ほんと好き。
ロンドンの建築物はどこをとっても素晴らしいのだけれど、この自然史博物館の外見は重厚感漂う。入場料無料だし、観光客・地元の人・課外学習で平日でも行列です。
(↑簡単な荷物検査のため。)
ベビーカーで並んでいる人には係員の人が声を掛けてくれました。
正面からだと階段の入り口なので、横の別の入り口から入ってね、とのこと。
一般の人も、そこからなら並ばずに入れてるんですね~。3度目でようやく知った。。

DSC02520 (375x500) DSC02525 (500x375) DSC02505 (500x375)

外の行列の割に、中は広々しているのでゆっくり見学。
館内を一通り見て回ってけれど、やっぱり恐竜コーナー。
ここはいつ来てもごった返しですよー

DSC02511 (500x375) DSC02509 (375x500)

博物館でコビトギャン泣きされたらどうしよう・・・と思っていたけれど、
もともと人は多いし、元気いっぱいの子ども達も多いから全く問題なし。
それにこの自然史博物館、おむつ替え台のみならず、ちゃんとした授乳室(しかも広い)が完備されていました。
ほんとベビ連れに優しい国。

fox and grapes でパブランチ

このあたりでは有名なパブ(ってかパブ何軒もあるけど)でランチ
fox and grapes フォックス アンド グレープス
パブっていうか、カジュアルレストランです。
高級住宅街にぽつんと出現。
元々はミシュラン☆に輝いているシェフが始めたとかなんとか、、

DSC02621 (500x375)DSC02614 (500x375)おいしいお店はサンペレグリノを出さない!と言う私の先入観。
サンペレグリノっておいしくない。というか私好みの味でない。
DSC02613 (375x500)

パブレストランなので、そのあたりのパブよりはお値段お高め。
その分、味も・・・とまではいかないけれど、もう1軒有名なパブランチよりはおいしい。

DSC02626 (500x375) DSC02625 (500x375)

ぽんはいつものバーガー、私はフィレ。
ちゃんとミディアムレアで出てきたし、硬くない(ってこれイギリス料理を食べ慣れた人なら分かってくれるはず)
ポテトはおいしい☆

DSC02629 (500x375)

デザートにトフィープティング
これは◎◎
注文を受けてから焼きはじめるので出てくるまでに異様に時間がかかる。。

土日は予約無難。
ランチは2時以降なら予約なくても入れそう。
ベビ・子ども・わんこフレンドリーなお店。もちろんおむつ替え台もあります。

ただ・・・パブなら近くのhand in handってとこの方がパブっぽくて好きかも

Cannizaro house でafternoon tea

DSC05223 (500x332) カニザロハウスでアフタヌーンティー
同じフラットのママ友さん達でお茶会。
お一人は私が妊娠判明してからずっとお世話になっている方。
同じ住所なので同じGP、同じ出産病院になるので、
GPの登録~今のコビトの世話に至るまで、本当にお世話になりました。
きっとこの方がいなければ、私の妊娠~出産は行えなかったんじゃないかと思うくらい。

カニザロのATはリッツやらサヴォイやらの有名ホテルとは違って、
スニーカーでも入れちゃう気軽さがあり、でも☆4の優雅さはあり、
つまりは使い勝手がいいってこと。

DSC05230 (500x332)

このホテルはピンクのうさぎがトレードマークなのかな。
いたるところでこのかわいらしいお姿が拝見できます。

DSC05240 (332x500)

イースターが近いのでイースターサブレ。これ美味しい
クロテッドクリーム美味

DSC05243 (500x332)

DSC05244 (332x500)

近くのハイストリートでも食べられるけど10分くらい歩かなければいけないので、
通常朝食込みでありがたい。
朝食も夕食もとてもおいしい~♪
こんな近くにおいしいお店があったなんて知りませんでした。。
というか、うちの近所、おいしいお店が多いんですけどね。

DSC05200 (500x332)

ホテル近くの沼
ここよく散歩で来た(来る)ところ
豪邸が奥に見える・・・

Cannizaro park

ホテルのすぐ横、というかホテルがそもそもパークの敷地内?な公園にお散歩

DSC05177 (500x332)

イギリスの公園ってこういう景色多いなぁ
そのへんにぽつんとベンチがあって、誰かがぼんやり座っていたり、
おしゃべりしたり、本読んだりDSC05179 (500x332) DSC05182 (500x332) DSC05183 (500x332) DSC05184 (500x332) DSC05186 (500x332) DSC05188 (500x332)

↓カニザロハウス
テラス席がガラス貼りになって寒い夏でもOKになりました。 DSC05193 (500x332) DSC05196 (500x332)

門の開閉時間決まってます。 DSC05197 (332x500) DSC05198 (500x332)

家のすぐ近くだったのに、この公園は来たことがなかったなぁ・・・
妊娠後期は1日2~4時間の散歩(休みを入れて)していたけれど、
いつもパークかコモンに行っていたので。
日本にこういう公園あったらいいのにな。
でも日本だと、薄暗くて怖いからあの公園なんとかしろ、って苦情が行政に出るんだろうな。

DSC05175 (500x332)

もうすぐ春。
もう春。

卒業式を待つ卒業生の気分ね。
期待と不安と淋しさが入り交じる

Cannizaro houseに宿泊中

我が家の周辺では良いとされるcannizaro house(カニザロ ハウス)に宿泊中☆
☆4ホテル、なのですが結構よいです
ロンドンには☆5☆4ホテルが何百とあるので、わざわざここまで泊りに来る必要はないっちゃないけど、地元の人の社交場(レストランとかパーティーとか)ではかなり◎

DSC05187 (500x332)

入ってすぐにレセプションがあるのでちょっとびびりますが、
出入り自由。すぐのロビーでゆったりくつろげます。
お茶も頼まなくても問題なし

DSC05208 (332x500) DSC05209 (500x332) DSC05210 (500x332)

DSC05217 (500x332)

DSC05221 (332x500)

部屋はこんな感じ
これで一番下のランク。。十分広いです。 DSC05211 (500x332) DSC05213 (500x332)

コットベッド(無料貸出)置いて、スーツケース置いて、pushchair置いてもまだまだ余裕あり。
夕方のベッドメイキング時にはビスケット缶にビスケットを入れてくれるサービスも。
バスルームも超おしゃれなんですよ^^
写真を撮る前に荷物をがたがた置いてしまったので、全体図がないけれど、いい~E~

続いてはお隣のカニザロパークとお決まりafternoon teaへ