Cotswolds-Broadway,Lower Slaugher

旅の締めくくりはコッツゥオルズ。
今までこの地域の南側は何度も来ていたけれど、
北側は1泊しないとぽんがしんどいので、今回実現できてよかった。

宿泊はブロードウェイ
ハイストリートのみにお店・ホテル・レストランが集約され、
往復15分もあれば見て回れます。
が、ここよかった~
のどかな雰囲気と本当にはちみつ色のおうちが並んでいて幻想的。
湖水地方よりイイ~いい~

ホテルはThe Lygon Armsというところにしました―。
expediaで予約したので、一番安い部屋のはずだけど、
これまた田舎のホテルに来たようで、調度品がかわいらしい(し、古い)
水周りはきちんとされているので快適~
上の人の歩く音が響くけど、それもまた風情。

私たち以外に、日本の団体ツアーがあったようです。
いや~ここのホテルを選んだら、中年世代は喜びますよ!
よい選択をしたツアー会社!

***

翌日は以前から気になっていたロウアースローターに寄り道です。
ってほんとはこの地域に泊りたかったのですが、ホテルが空いておらず・・・
そして知る。
コッツゥオルズでこのロウアースローターが一番良いということに!

地元の子どもが川遊び。
こんな自然の中で育ったら、どんな大人になるかなー?

ここはハイストリートもへったくれもなく、
この小さい小川を挟んでB&Bやホテル、水車小屋しかありません。
あと残るはpublic footpathと自然のみ~
なのですが、これがまた雰囲気良いんだな―
ぽんと2人、8日間のうちここが一番良いね~ って話に落ち着きました。

折角なので水車小屋にあるカフェで一休み

有終の美を飾るにふさわしい地です

Cragside

ダラム→エディンバラに移動する際に、
national trustの1つ、cragsideというお城?敷地?に立ち寄りました。
家から日帰りできるnational trust、english heritageはほぼ行きつくしたので、
北の観光地に来るのは初めて。


びっくり
ロンドン周辺でも広大な敷地を持つお屋敷が多いのだけれど、
森何個分デスカー?と疑いたくなる広さです。
あまりにも広すぎて、敷地内に駐車場が10箇所。もちろん車道も整備済み。
移動途中のためお昼含め2時間しかなかった私達、
car park⇔house⇔tea shop⇔car park のみで終了。
この森の中を散策する時間なんてありまへ~ん

    

もうね、お屋敷の中は入ってみてびっくらコンブ
どれだけのご領主様だったんでしょうか?
絨毯・彫刻・食器etc.
ポルトガルのシントラにあったお城とベルサイユ宮殿とイスタンブールの宮殿を合わせた感じ。
もちろんシノワズリも健在です。

ここ、家の中です…
絵画の部屋ってなってたけど、どう考えても大理石彫刻の部屋。
ロダンの地獄の門を彷彿とさせます。

ロンドンのナショナルギャラリーってこんなんだった気がする。

将来こんなインテリアのおうちにしたい・・・と2人で悶々と妄想しながら楽しみました―
こげ茶の家具と、木の彫刻と、
アールヌーボー調曲線も取り入れて、くすんだゴールドを主に・・・
ぽんにはがんばって稼いでもらわないとね!

外観はご覧の通り、that’s UK style でしたー
お決まりですな☆

 

The lake district Bownessボウネス

グラスゴーから車を走らせ湖水地方へ
湖水地方と言えば観光ツアーでは必ず組み込まれるイギリスの一大観光名所。
湖水地方の感想はまず一度行ってみてから言いたい、と思って2泊。
たまたま予約したホテルがウィンダミア湖のボウネスという地域で、
ホテルから徒歩2分が、ウィンダミア湖の船乗り場でした。
私たちは場所というより、ホテルがどうなのかで予約するので、
あまり立地は考えていないのですが、今回はよかったです―。

ウィンダミア湖の船は4種類ほどあり、
レイクサイド、ボウネス、サンブルサイドから出ていますが、
ボウネスから出る船が一番多く、
オンシーズンはかなりの量があり、サンセットクルーズもありました。
ま~雨・曇りの多い地域なので、
サンセットが見られるかは定かではありませんが・・・

船に乗ってレイクサイドまで行きます。
片道45分の船旅です~

んで着いた先の駅に待ち構えるのは、

ムフフ。ハーヴァーウェスト鉄道という観光列車!
若干テツコが入っている私は大興奮。ハナヂブーですわ

片道18分ほどで終着駅につき、そのまま折り返してきます。
駐車場もあるので、片道だけの乗車もOKです。
そして知る。
鉄道好きは日本人だけに有らず・・・
外国人の方も10分程度の待ち時間に必死に蒸気機関車の写真を撮りまくり!
ワタスだって負けません―。


↑この写真、今回の旅行の一等賞!
年賀状にしたいわ・・・ってワタスもぽんも写ってないけどね。
いや~このクルーズ+観光列車は楽しいです!
風景がいい、とは言い難いですが、旅情気分を味わえて◎

船でボウネスまで帰ったあとは、湖周辺のフットパスを散策。
湖水地方と言えばピーターラビット!だけれど、
ま、ええかそんなことは。。ってことでお散歩です。

インフォメーションセンターで景色のいい箇所の地図をもらい、
public footpathを突き進みます。
そしてココにたどり着きました―

もうね、public footpathなのか私有地なのかよくわからないのでけれど、
羊よヤギに囲まれ、ウィンダミア湖を眺めました―。
爽快です!
ガイドブックには「田舎道のウォーキングを楽しみたい」って書いてあったのだけれど、
その意味が分かった!
はっきり言って、歩かない湖水地方は中禅寺湖と一緒!
湖水地方に来たならぜひ時間をつくって歩いてもらいたい。

Edinburgh ぷらぷら観光

ブログも一度手を抜くと、とことん手を抜いちゃいますねぇ・・・
がんばれmon!!
見てもお分かりのように、ダラムはすっ飛ばしてますー。

ちなみに南ロンドンに住む私達、
ダラムまで5時間弱、休憩入れると7時間の長距離運転でした。
お疲れ様、ぽん。
このサイト便利です
http://maps.google.co.uk/
距離・目安の時間が出るので、ドライブ前には必ず確認!

エディンバラ城から続くハイストリートを進み、聖ジャイルズ大聖堂へ。

この教会、微に入り細に渡りとても精巧なのですが、
ホテル→城までの坂→城見学後の妊婦には、内部をじっくり見てまわる気力なし。
ぽんは内部をぐるぐる回って写真を収めていたけれど、
ワタスは椅子にすわってウタタネ。。2回目だし・・・

このバグパイプの音色はスコットランド来た~♪って気分を高めてくれる。

観光名所を回った後は、ニュータウンをぶらぶら。
エディンバラはやっぱりロンドンとは違った雰囲気がある。
ちょっと薄暗いというか湿っているというか、、

エディンバラと言えばバルモラルというホテルなのですが、
まーほんといいお値段。。
さすがに7泊旅行なので、そんなお金出せない!と言うことで
カレドニアンヒルトンに泊りました。
んで、ぽんが「やっぱりバルモラルに泊りたかった」という我儘を言い始めたので、
ほんならレストランだけでも利用してみるか?
と思ってちょっと覗いてみました。
・・・
う~~ん。。。ロビーはさほどでもなく。。
やっぱりこういった高級ホテルはスーペリアとかの部屋でなく、
スイートレベルの部屋にしないと、その辺の良いホテルと何ら変わらないんじゃないか?
という結論に落ち着く。
良かった良かった^^
レストランのお値段も少しお高め・・・
イギリス料理にこの値段は出せないな~ってことで一件落着。

ちなみにカレドニアンヒルトンでクリームティーを嗜んだのですが、
クロテッドクリームの美味しいこと!
よいホテルでしたよ~

エディンバラに2泊した後は、グラスゴーに向かいます。
あ、グラスゴーも省略ね。
マッキントッシュの生まれた街ってことで期待したのだけれど、
体力的にダウン。
雨も降ってきたので大聖堂をちゃちゃっと見て1泊。
湖水地方へと車を走らせました~

Edinburgh castle 2度目のエディンバラ城

昨年11月に来た時は雨風荒ぶ荒涼としたお城でしたが、
夏に来たらこんなに穏やか~なんですね!
と言っても、スコットランドの天気予報はつも悪いから、たまたま良い日に遭遇したのかも。

エディンバラってオリンピック競技場あったっけ?なーんて疑問を持ちつつも、
とりあえず記念に1枚。

1o’clock gun
日曜以外の毎日1時に空砲がなされます。
今年は午前中に来たのでその雄姿を見ることはできず・・・

8月に行われるミリタリータトゥーの準備で、お城前の広場はこんな設備が。
ぽんは「外観を崩す」って文句言ってたけど、
あの狭い敷地にこれだけの席を毎年作るって凄いことだと思うんだけどなー。

エディンバラ城はEnglish heritage メンバーだと半額で入場できます。
が、このお城内部よりも外観の方が素敵なんですよねー。
よくぞこの断崖絶壁にこれだけの城を造った!
古人の栄光を称えたい

でもやっぱり雨風あった方が、荒んだスコットランドに調和しているかも―?

夜ごはんはタイ料理とメキシコ料理を頂きました☆
イギリス料理はもう十分よー

Edinburgh エディンバラ

エディンバラ観光は2日間。

ガイドブックには「急ぎ足なら1日、ゆっくり見るなら2日、時間があれば郊外観光を入れて3日」

と書かれていたけれど、本当にその通り。

1箇所1箇所をゆっくり見て回るには2日必要。

観光箇所は近場にあるから、徒歩でOK

疲れたらカフェかレストラン(かパブ)で一休みして。

まずは

ブーケ2 ホーリールード宮殿へ。

・・・どんより天気。

内部は撮影禁止のため外観のみ。

イギリス王室のスコットランド滞在の際に使われる宮殿とのこと。

ありがたいことに日本語オーディオガイド無料。

オーディオガイドって結構時間がかかるから面倒な時もあるけど、

やっぱり、ほえ~ となる解説もあってよい。

London日記 といいつつ違うことも

ほかの宮殿同様、入場券は年間入場券になりました。

オーディオガイドを全て聞くと1時間、その後庭や併設の美術館に行くとさらに1時間程度。

お次はホーリールード宮殿から延びるロイヤルマイルをプラプラ歩き、

ブーケ2聖ジャイルズ大聖堂

何があれって、今回は写真担当のぽんがお留守番だったんですよ。

イコール

わたすは写真を撮らない

イコール

一眼レフどころか、デジカメさえ持っていかなかった

イコール

今回の写真は全てiphone

なので気まぐれに撮った外見のみ。

といいつつ、この大聖堂の迫力はすごかった!

エディンバラに来たならこの大聖堂は必見です!

ちなみに内部撮影するのにお金がかかります。2£。

さすがにカメラを持っていかなかったこと後悔・・・

London日記 といいつつ違うことも

そしてエディンバラと言えばこのお城

ブーケ2 エディンバラ城

この城は岩山の上に建てられた城は、もともとはスコットランドの王族が住んでいた住居。

間々、イングランドとスコットランドとの攻防戦の舞台ともなった要塞。

こちらも日本語オーディオガイドあり(有料)

全部聞くと時間が足りないので、ところどころはしょって聞くと楽しいかも。

所要時間2~4時間。

ちなみにイングリッシュヘリテッジメンバーは、入場料が半額ですチョキ

London日記 といいつつ違うことも

ワン・オクロック・ガン

日曜を除くほぼ毎日、午後1時に時報として(観光として?)空砲が1発放たれます。

ガイドブックにも登場するガンキーパーの軍曹がしずしずと打ち鳴らすけれど、

あまりの音の大きさに、見ている観光客からは笑いの声。

打ち終わった後の軍曹は、快く写真撮影に応じてくれます~

London日記 といいつつ違うことも

エディンバラ城から眺めた市街地。

ロンドンとはまた異なった趣があります。

London日記 といいつつ違うことも

右奥に見えるのはカールトン・ヒル。

時間があれば歩いていけます。

London日記 といいつつ違うことも

そして重要なことは

・・・11月末のエディンバラはおすすめしませんーー!!

この城に住んだ王族も、あまりの城の気象の悪さに、ホーリールード宮殿にばかり住んでしまったとのこと。

この城は高台にあるので、強烈な突風と雨。

逆に昔の人の気丈さに思いをはせるのも、ヨイ?

London日記 といいつつ違うことも

エディンバラはぶらぶら街歩きも楽しい。

いろいろいわれのあるサウスブリッジ高架下。

このあたりのゴーストツアーにミキは参加したかったみたいだけど、

何も言わずに却下。

だってこんなに寒くて雨が降ってて、スコットランドってなんだか怖いじゃん!

London日記 といいつつ違うことも

しかしながら

さすが、街全体が世界遺産とだけあって、古びた建物も風情ある。

けど夜は通りたくない

London日記 といいつつ違うことも

商店も街の雰囲気を壊すような派手派手しいものは見当たらず。

London日記 といいつつ違うことも

宿泊したホテルで結婚式をしていました。

ほんとこのキルトスカートは正装なんですね!

(左側のバグパイプの人は多分ホテルの演出)

小さい子どもから白髪のおじいちゃんまで、みんなキルト服を着ていました。

London日記 といいつつ違うことも

そんな訳でワタクシもキルトスカートを購入。

ドクロ余談

スコットランドのカシミア・ウール製品は非常に安い!

日本で2~3万のjohnstonsのカシミアマフラーが30£程度から買える~

ワタクシ飛びつきました。

ぽんのマフラー(ただしウール)、わたすのカシミアストール・大判ストールもろもろをお買い上げ~音譜

家の近くのデパート覗いたら、エディンバラ価格の倍してた!

同じUKなのに不思議だけど、もう少し買ってこればと後悔。。汗

エディンバラ城・ホーリールード宮殿近くのお土産屋さん数店舗で扱っているので、

ちらちら探せば必ず見つかります。

Durham ダラム Edinburgh エディンバラ

ミキの希望で、2泊3日のUK北部への旅行をしてきました。

コスモス1日目

ロンドンキングスクロス駅9:30発列車。

「世界の車窓から」ごっこをしつつ12:20頃ダラム着

駅から市街地へは徒歩15分程度

(ダラムにてランチ)

ダラム大聖堂とダラム城観光後、早めの夜ごはん

夜ダラム18:20頃発。列車にてエディンバラへ

20:20頃エディンバラ着

コスモス2日目

エディンバラ観光

コスモス3日目

エディンバラ観光

19:30発飛行機にてロンドンへ。

*エディンバラの駅前(ウェイバリー・ヘイマーケット共に)から空港行きのバスあり。

10分おきにあり、予約不要。

今まで旅行計画は、他人様のブログを参考に時間配分を決めいていたので、

今回はどこかの誰かさんのお役にたてるように、少し詳細に書こうと思います。

2人で2泊3日なので、大きいスーツケースではなく、

21インチのスーツケースに2人分の荷物を詰め込んで出発。

ちなみにダラムは大きいスーツケースは不向きです。

坂が多く、石畳のため。

21インチなら持ってもそれほど重くないので重宝しました。

もしも大きいスーツケースで行くなら、ダラムで1泊・ホテルに預けてから観光する方が賢明。

もちろんダラムの駅にコインロッカーなんてありません~

エディンバラは大都市なので、、駅近くのホテルなら自力でホテルまで。

少し離れると坂道・石畳なので大きい荷物の人はタクシー利用をおすすめします。

ちなみにロンドン→ダラム、ダラム→エディンバラは

natonal railの公式サイトでネット予約。

1カ月以上前に予約したので、それぞれ1人25£、20£とお安く仕上がりました。

帰りのフライトも、ヒースロー帰着にしたかったので、British airwaysにしたのですが、

40£でした~ ウシシ

London日記 といいつつ違うことも

次回は観光編